【本職ギャングスタ】KENNY-G(ケニージー)ってどんなラッパー?【レペゼン福生】

ラッパー特集

今回はKENNY-G(ケニージー)を紹介したい。

このKENNY-G(ケニージー)というラッパーは素顔を明かしていない。MVやメディアでは「バラクラバ(銀行強盗がよく被っているヤツ)」という覆面をつけている。
この男ゴリゴリの本職という噂で、街で対面したくないラッパーTOP3には入るだろう。話す姿も威圧感が溢れ出ている。

しかしながら風貌だけでなくラップも一級品でシーンでは着々と名を浸透させてきている。THUGなリリックと甘い声が癖になるラッパーだ。

KENNY-G(ケニージー)の名前の理由は?

「ケン」「hennessy(ヘネシー:フランスのコニャック・ハウス)」「飲む」「ギャング」から適当につけたそう。

自身も同名のジャズ・サックスミュージシャンの「ケニー・G」が好きだったためこの名前に決まったと語る。

KENNY-G(ケニージー)がマスクをつけている理由は?

「ラッパーではなくシンガーになりたいから」とのこと。
外見の印象より歌声を重視したいからだろうか?
単純に顔が割れるといろいろ不都合があるから、なような気もする。怖くて聞けないけど。

また憧れのシンガーにブライアンマクナイトの名前を出しており、Kenny-g(ケニージー)の美しいラインやトラックの源が感じ取れる。

やはりかなり職質される!?

かなり頻繁に目をつけられるとのこと。多い時で週3(!)
メディアに出る時の格好の時に特に多いらしい(バラクラバつけてて週3はむしろ少ない)

KENNY-Gがラップを始めたきっかけは?

O-JEEに誘われたからと語る。
それまでラップは「布団をかぶって一人で」やるイメージだったと語るケニーGだが、O-JEEに連れて行かれたブースは設備も整っていて「やる気になった」との事。

KENNY-Gの音源がやばい!

Kenny-Gの曲の魅力はやはりゴリゴリのG’rapだろう。「やっぱりHIPHOPはこうでなきゃ」感満載のリアルなリリックと甘く絡みつくような声とフローは癖になる。チェックしてほしい。

KENNY-G kennessy “桜の代紋 Sakura No Daimon” Introduction Outroduction by SUNADEMUS (Official Video)

KENNY-G kennessy “ALL EYEZ ON ME” (Official Video)

KENNY-Gが一番尊敬するラッパーは?

この質問には即座に「O-JEE」と答えている。
やはり自身をラップの世界に導いてくれたO-JEEにはかなりのリスペクトがあるようだ。

O-JEEの記事はこちら

【1987年型小岩産】 O-JEEてどんなラッパー?
...

O-JEEとの楽曲

O-JEE – GANITO KAME ft KENNY G GANITO KAME

KENNY-Gの親交関係

孫GONG,舐達麻

KENNY-Gについて語るO-JEE


クラブで出会い、いつの間にかふたりで遊ぶようになったと語るO-JEEが「クールでジェントルメンでギャングで大好き」とのこと。
情報の少ないKenny-g(ケニージー)の素顔が垣間見える。

やはり歌は相当うまいらしく、ASKAの「始まりはいつも雨」はやばいと語る。
こんなにまっすぐ友人を「好き」と語るO-JEEも好き。

O-JEEの3ndアルバム『MEMENTO MORI』にKenny-gが客演!

O-JEE – GANITO KAME ft KENNY G GANITO KAME

KENNY-Gが共演したいアーティストは?

以前ニートTOKYOのインタビューでは「舐達麻」と答えていたKENNY-G。

その後バダサイとのビーフがあり決別したかと思いきや、その後のインスタライブでの質問に改めて「舐達麻」と答えている。ビーフでは話題作りや売名などという意見も出たが、純粋にアーティストとしてリスペクトしているからこその希望なのだろう。

まとめ

今回はKENNY-G(ケニージー)をピックアップした。
ビリビリくる「本物感」と格好だけでない曲の魅力はこれから多くのヘッズを魅了していくだろう。

2020年10月:舐達麻バダサイとKENNY-Gのビーフ勃発!!

【まとめ】舐達麻バダサイとKENNY-Gのビーフ発言や流れを総まとめ【阿修羅MICも参戦】
2020年10月現在進行形で揉めているバダサイとKENNY-G。 以前にも別件で揉めたことがある二人のいざこざはどうなるのか。 ビーフと書いたけど、現状はSNSでのKENNY-Gの発言があるのみでバダサイは沈黙を貫いている。 これ曲で返したら熱いんだけどなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました