【熊谷に咲いた華】舐達麻(なめだるま)とはどんなラッパーなのか

ラッパー特集

【レペゼン熊谷048】舐達磨ってどんなラッパー?

現在の日本のHIPHOPシーンにおいて舐達麻(なめだるま)は外せない存在となっている。

心地の良いビートに載せるリリックは超イリーガルなライフスタイル。それも「日常を歌ってるだけ」という。

舐達麻のサウンドは、オールドスクールのエッセンスと絶妙なサンプリングトラックで彩られたヒップホップ本来90年代のヒップホップ黄金期を彷彿とさせる。しかしただ懐古的では終わらず、今の時代の空気感を切り取ったトラック、ほとんどのヘッズは経験としないであろう大麻でハスリンする彼らの実体験を乗せたリアルなリリックが、アンダーグラウンドラップの中でも一際刺激的に映り、舐達麻(なめだるま)の唯一無二の個性として多くの人々を惹きつけている。ちなみによく歌詞に出てくる「048」は埼玉の市外局番。

舐達麻(なめだるま)の現メンバー

メンバーはラッパーのBADSAIKUSH(バダサイクッシュ)/G PLANTS(ジープランツ)/DELTA9KID(デルタナインキッド)で構成される。また、彼らと共鳴し合う面々を率い〈APHRODITE GANG〉なるクルーとしても活動している。

「舐達麻(なめだるま)」の名前の由来

舐達麻(なめだるま)の名前の由来は「テキトー」と語る。あるイベントに出演する際に、フライヤーに名前を載せなくてはいけなくなり、どうするか考えていた時に目の前の雑誌「実話ナックルズ」のページに「舐め達磨親方(風俗業界最古参のライター)」の文字を見つけ、「これで良いじゃん」と決まったそう。

ただ100MILLIONSのバダサイのバースに「麻を舐める達人 全国各地 上げる煙」というラインが出てくるが、本当の意味を言わなかったのか、後付けでできたラインなのか。。
でも「磨」を「麻」に変えてる所や、だるまという名前は日本語でラップする彼らに合っていると感じる。

舐達麻(なめだるま)の代表曲

再生回数1000万超え 100MILLIONS (REMIX) / 舐達麻(prod.GREEN ASSASSIN DOLLAR)

冒頭からGADのビートに載せめまぐるしく変わる周りの環境や刑務所にいる仲間、大麻についてなど舐達麻の真骨頂であるイリーガルでリアルな世界観が魅力。超アングラなこの曲が1000万再生達成という事実が日本のラップシーンの現状を物語っている。

BUDS MONTAGE / 舐達麻(prod.GREEN ASSASSIN DOLLAR)

こちらも2020年11月中旬現在で930万再生されている。
同じくGADの物哀しくも透き通ったサンプリングビート。警察に追われている途中の事故で亡くなった104の名前もリリックに出てくる。

この曲の未収録バースやMVについてはこちらの記事

【楽曲紹介】BUDS MONTAGE / 舐達麻(prod.GREEN ASSASSIN DOLLAR) - 原曲/未収録ver
...

BADSAIKUSH(バダサイクッシュ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BADSAIKUSH(@badbadsai)がシェアした投稿

MC名:BADSAIKUSH(バダサイクッシュ)
生年月日:1990年3月29日
出身地:埼玉県深谷市
インスタ:badbadsai
Twitter:BADSAIKUSH(@NAMEDARUMAAz)
レーベル:APHRODITE GANG HOLDINGS

MCネーム「BADSAIKUSH(バダサイクッシュ)」の由来

最初バダサイは「賽 a.k.a.BADSAIKUSH」という名前で活動しており、意味は「サイコロや賽銭箱(最後に金がもらえる・貯まる)」と「BAD(悪い)」「KUSH(大麻インディカの株)」から。バダサイの吸う大麻は全てメスの株→オスのバダサイと合わさることで良質な楽曲が生まれる、という意味が込められているようだ。

舐達麻(なめだるま)のリーダーで中心的存在

舐達麻の中心的存在のBADSAIKUSH(バダサイクッシュ)はG PLANTS(ジープランツ)/DELTA9KID(デルタナインキッド)のMCネームの名付け親でもあり、ビートの選定も担当している。
バダサイの書くリリックはリアルで生々しい反面、非常に詩的で叙情的だ。

バダサイが考える「良い楽曲」の概念

舐達麻(なめだるま)の楽曲においてビートの決定権を持つバダサイ。実際にその選定センスはシーンにおいての結果が物語っているだろう。バダサイは以前インタビューの中で「良い曲とは」の質問にこう答えている。

「まず、今まで聴いたことがないくらい、ヤバいビートじゃなきゃダメなんですよ。ビートを選ぶ段階で、俺のなかで120点叩き出した楽曲なら、世間では80点はいってると思うし。ビートが120点だとしたら、あとは自分たちにできる100点を出すだけで、仲間たちの100点は、大体わかるじゃないですか。俺たちの場合は、今3人でつくってるんで、みんな自分のバースで100点出して。」

バダサイにとって楽曲作りは芸術

バダサイの言葉の中にはしばしば「楽曲作りは芸術」と言う言葉が出てくる。

「純粋に曲を作ることが好きで歌手というよりは芸術家だと思っている。」
「ビジネスの為、報酬を受け取るためだけの作業はしない」
「芸術というのは自分の感覚を形にするということ。それは千差万別でその行為には正解がない。ただ、表現上での正解はあって、それは自身(制作者)の考え。」
「俺がこう思って作ったことは絶対に間違いではない。他の人にとっては知らないけど、自分はそう感じたものだから。」

こうしたバダサイの純粋に自分を信じて作り出す楽曲に多くの人々が共鳴し、舐達麻を瞬く間にシーンの中心へと導いた。

また芸術的な表現は自分の中にある「歪んだ部分」や「乗り越えなければいけないもの」を自分なりに消化できる行為だと語るバダサイは、「創造することは全ての人が自分のために絶対にした方がいいこと。それが成り立つアーティストは効率がいいし楽」と価値観を語る。

 

G-PLANTS(ジープランツ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

cherry chill will.(@cherrychillwill)がシェアした投稿

MC名:G-PLANTS(ジープランツ)
生年月日:1991年
出身地:埼玉県熊谷市
インスタ:agh.nmd.thc
Twitter:G-PLANTS(@namedarumaa_G)
レーベル:APHRODITE GANG HOLDINGS

MCネーム「G PLANTS(ジープランツ)」の由来

「完全に犯罪行為の暴露にしかならないけど(笑)」と前置きしバダサイは「名前をつけたときにあまり質の良くない植物を扱っていた為、G(ギャングスタ・悪い) – PLANTS(草)という理由」と語る。G-PLANTS(ジープランツ)本人も「G-BOKKという前の名前がダサいと感じていた為、すぐ受け入れられた」と気に入っているようだ。

「49(フォーティーナイン)」で活動後、舐達麻の前身となる舐達磨’s(ナメダルマーズ)を結成

G-BOKK(舐達磨’s)がG-PLANTS(ジープランツ)。
まだあどけなさが残っていてジープラの人懐っこさかさらに強く見える。現在の音源でも感じるが、普通にうまい。舐達麻の中ではHIPHOPの技術的にG-PLANTS(ジープランツ)が抜けているように感じる。

G-PLANTS(ジープランツ)がラップを始めたきっかけ

中学の時にバイト先(ラーメン屋)の先輩の影響でHIPHOPを聴き始めたというG-PLANTS(ジープランツ)。
その後工場で働きながらCDを買い漁り、18-19歳でラップを始める。その後前項で紹介した49(フォーティーナイン)で活動後、舐達麻を結成する。

インタビューの中でG-PLANTS(ジープランツ)は「最初は「これで天下獲るぞ!」という感じではなく、よく遊んでた仲間で自然な流れで「ラップしてみれば?」って始まった感じですね。」と語っている。

DELTA9KID(デルタナインキッド)

 

この投稿をInstagramで見る

 

DELTA9KID(@delta9kid)がシェアした投稿

MC名:DELTA9KID(デルタナインキッド)
生年月日:1990年(バダサイと同年)
出身地:埼玉県深谷市
インスタ:DELTA9KID
Twitter:なし
レーベル:APHRODITE GANG HOLDINGS

MCネーム「DELTA9KID(デルタナインキッド)」の由来

大麻に含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)を摂取した時に受容体で分泌される物質が「DELTA9」という、いわゆる人間を「ハイ」にする成分が由来。
「KID」はバダサイのデルタに関する印象が「小さくてイケてる奴」という事から。
DELTA9KID(デルタナインキッド)本人はバダサイが考えたその名前を聞いた時「スッと入ってきた」と、気に入っている模様。

DELTA9KID(デルタナインキッド)が語る「あの日」と刑務所での暮らし

104を失った金庫破り事件が原因で刑務所に服役していた経歴を持つデルタナインキッド。

刑務所ではあまり他人と関わらず、自分のやるべきことだけを心掛けていたと語るデルタナインキッド。
主に食べ物を作る工場にいた時に「こっそり」善哉に砂糖を大量に入れて食べ、その美味さに感動したと語っている。

舐達麻と大麻


舐め達磨を語る上で大麻というトピックは避けて通れないだろう。

リリックはもちろんの事、インスタなどでもガンガンに吸いまくる姿は彼らをイリーガルでリアルな存在だと証明し、多くのヘッズに刺激と影響を与えている。
「舐達麻」と検索しようとすると予測に「栽培」が出てくるんだもの。
もはや舐達麻アイコンが大麻であり、大麻のアイコンが舐達麻と言っても過言ではない。

2021年4月 G-PLANTSと DELTA9KIDが大麻取締法違反で逮捕!大麻密売関与の疑いか バダサイは無事?

【速報】舐達麻のG-PLANTSと DELTA9KIDが大麻取締法違反で逮捕!大麻密売関与の疑いか バダサイは無事?
...

アムステルダムで撮影された曲「FLOATIN’」

FLOATIN’ / 舐達麻 (prod.Green Assassin Dollar)

 



まとめ

第一印象は北関東のヤンキーかと思った

違った。違くないけどこれをどう捉えるか参る。
トラックがNujabesと同じネタ?かNujabesの曲をサンプリングしている点も含めてかなり渋い所突いている。
まず曲が良い。
ラップも三者三様でフローに個性があり、リリックには迫力があり哀愁もある。
”バール買いに行かせたイマフジ
仕事バックれたタカハシ
借りに行かせた武富士”
ここのライン好き。

他にも良い曲、連発しているので是非聞いて欲しい

LifeStash / 舐達麻 (prod.7SEEDS)
B.I.G. hAppA / 舐達麻 "G plants & BADSAIKUSH" (prod.NaiChopLaw)

コメント

タイトルとURLをコピーしました