【まとめ】舐達麻バダサイとKENNY-Gのビーフ発言や流れを総まとめ【阿修羅MICも参戦】

事件・ビーフ

2020年10月に発生したバダサイとKENNY-Gのビーフ。
以前にも別件でトラブルになったことがある二人のいざこざはどうなったのか。

阿修羅MICの参戦や、ヘッズたちの間でかなり話題になった。
曲でやりあってこそHIPHOPのビーフなので、ぜひ音源を出して欲しかったところ。

  1. 舐達麻バダサイは言わずもがな、KENNY-Gとは?
  2. 舐達麻バダサイKENNY-Gのビーフ:事の発端は共演から?
    1. 舐達麻 非公開mv バダサイ Kenny-G 高音質
    2. SCARS(SEEDA,BES,A-THUG,BAY4K,STICKY)「STARSCAR」
    3. [M/V] Y (Please Tell Me Why ) – 프리스타일
    4. Sting – Shape of My Heart
  3. 友好関係(うわべだけでも)にあるかと思いきや
    1. KENNY-G kennessy “桜の代紋 Sakura No Daimon” Introduction Outroduction by SUNADEMUS (Official Video)
  4. KENNY-Gが「キレた」理由はバダサイとアナーキーの共演!?
    1. DAYDREAM / ANARCHY & BADSAIKUSH (prod.GREEN ASSASSIN DOLLAR)
  5. KENNY-Gはインスタストーリーで舐達麻バダサイに関する投稿を連発!
    1. 中にはKENNY-Gの勘違いも?
      1. 帯付きの札束
  6. 未だ進行中の舐達麻バダサイとKENNY-Gのビーフに阿修羅MICも参戦!?
    1. どうやらKENNY-Gに話し合いを持ちかけた模様
    2. 阿修羅MICの提案についてキレるKENNY-G
    3. ついに話し合いに!?阿修羅MICがツイート!
    4. 決着か!?KENNY-Gがインスタにビーフについて近日中の発言を宣言!阿修羅MICもリポストし応答!
    5. バダサイは阿修羅MICとDELTA9KID(デルタナインキッド)が談笑している写真をインスタに更新
  7. お蔵になった舐達麻バダサイとKENNY-Gの楽曲をイベントで強行販売!
  8. どうやら舐達麻バダサイとKENNY-Gのビーフ終了か
    1. 10/24のKENNY-Gのインスタライブでの発言
    2. バダサイとの楽曲は発売or公開される?
    3. その後のインスタライブでは改めてコラボしたいアーティストを聞かれ・・
  9. まとめ

舐達麻バダサイは言わずもがな、KENNY-Gとは?

特集ページはこちら。
本職さんですよ。

【本職ギャングスタ】KENNY-G(ケニージー)ってどんなラッパー?【レペゼン福生】
...

舐達麻バダサイKENNY-Gのビーフ:事の発端は共演から?

まずはこちら。舐達麻バダサイとKENNY-Gが共演した音源で、MVも完成している。
※KENNY-G自身がキレてインスタで公開してしまったもの。

舐達麻 非公開mv バダサイ Kenny-G 高音質


ビート自体は結構サンプリングされているもの。
うーんフルで聴きたいよ〜

サンプリングで有名どころはこちら

SCARS(SEEDA,BES,A-THUG,BAY4K,STICKY)「STARSCAR」

こちらの元ネタがこの曲

[M/V] Y (Please Tell Me Why ) – 프리스타일

大元ネタはStingと言われている。

Sting – Shape of My Heart

ちょっと逸れたが、ビーフのきっかけとなった出来事はMVまで完成していたこの曲を、「バダサイが表に出すのを嫌がったから」のようだ。最近地名度をぐんぐん上げてアンダーグラウンドに留まらず様々なメディアに引っ張りだこの舐達麻。バリバリの「本職」であるKENNY-Gとの共演は、警察に目をつけられキャリア上デメリットになる可能性を危惧したのだろうか。

一説ではバダサイがKENNY-Gのフックの歌(ラップじゃないから)や彼のラップ自体が気に入らなかったとの情報もあるが、どうなのだろう。

友好関係(うわべだけでも)にあるかと思いきや

こちらはKENNY-Gの最新曲。途中には舐達麻と談笑する場面も。

KENNY-G kennessy “桜の代紋 Sakura No Daimon” Introduction Outroduction by SUNADEMUS (Official Video)

KENNY-Gが「キレた」理由はバダサイとアナーキーの共演!?

まずはこちら。

DAYDREAM / ANARCHY & BADSAIKUSH (prod.GREEN ASSASSIN DOLLAR)

ANARCHY & BADSAIKUSHのめっちゃかっこいいこの曲、実はKENNY-Gとの共演曲より後に撮られたとされている。KENNY-Gからすると「なんでそっち先に出るん?」という気持ちもあったのかも。
いやーでもこの曲もまじでいい。

KENNY-Gはインスタストーリーで舐達麻バダサイに関する投稿を連発!

この回数よ・・・
ヘッズの間ではKENNY-GのSNSを通しての発言にダサいとの声も上がっている。

中にはKENNY-Gの勘違いも?

帯付きの札束

1枚目の画像で「帯付きの札束は裏の仕事で稼いだものではない。
お前らはフェイクだ」的な発言がある。

これはANARCHYとの「DAYDREAM」のこちらの場面。

ただよく見て。帯付きの札束の他にちゃんと輪ゴムで止めてるのもある。

この場面では裏のお金(売人で稼いだお金)と表のお金(音楽で稼いだお金=帯付き)があり、舐達麻のオーバーグラウンドへの成り上がりを表している場面だと思う。昼はラッパー・夜は売人と歌ってるし。

未だ進行中の舐達麻バダサイとKENNY-Gのビーフに阿修羅MICも参戦!?

阿修羅の記事はこちら

【ビーフ仲裁人】阿修羅MICってどんなラッパー?【男が惚れる漢】
阿修羅MICは19歳からラッパーとして活動している。ハードコアラップスタイルで大阪・神戸のクラブを中心に様々なイベントに参加し、出演したLIVE BATTLEでは全戦全勝という伝説を残す。もちろんその評判は神戸だけに止まらず様々なビッグイベントから声がかかるようになった。 度重なる逮捕はあったものの、大型ルーキーとして名前をあげ始めていたが、2009年12月に大麻取締法違反の容疑で逮捕、5年間の休止を余儀なくされた。 大阪のCONCORD FAMILYにも籍を置く。

どうやらKENNY-Gに話し合いを持ちかけた模様

以前も二人のいざこざを仲裁した阿修羅MIC。
兄貴気質がすごいな。

阿修羅MICの提案についてキレるKENNY-G

基本的には前回に引き続き今回も途中で入って来た阿修羅MICに対して文句言ってる。

「(阿修羅MICの)その男気で全部ケツ持ってくれるのか」
「前回も中途半端に話に入って来て、引っ掻き回して何もできずあとで阿修羅が謝って来た」
「間に入るということは全て自分が責任を持つから、という事。それができるのか」
「あいつら(阿修羅MICとばダサイ)俺より年上だろ」
「今回の曲も出せずに何が漢気だ」

阿修羅MIC、バダサイよりケニーG(90年生)が年下な為、ずっと下手に出てたのに・・・との事。

前回のビーフでケニーGがバダサイを殴ったことも動画内で認めている。

ついに話し合いに!?阿修羅MICがツイート!

決着か!?KENNY-Gがインスタにビーフについて近日中の発言を宣言!阿修羅MICもリポストし応答!

収束か・・?
結局音楽的なやりとりは一切出ずなのか・・

バダサイは阿修羅MICとDELTA9KID(デルタナインキッド)が談笑している写真をインスタに更新

どうなったん?

お蔵になった舐達麻バダサイとKENNY-Gの楽曲をイベントで強行販売!

KENNY-Gは2020年11月21日にKENNY-Gの地元の福生で行うLIVEイベントで販売すると発言。またその売り上げは全て寄付するとの事。
多くのヘッズが押し寄せるだろう。

どうやら舐達麻バダサイとKENNY-Gのビーフ終了か

10/24のKENNY-Gのインスタライブでの発言

「みんな男の子なんでちゃんと話して」
「(曲を)作ることがメインなんで割れることが目的ではない」
「話に背びれ尾びれがついて話が大きくなり、お互いの勘違いが大きくなってしまった」
「自分の勘違いもあって、そこは申し訳ないと思う」

バダサイとの楽曲は発売or公開される?

KENNY-Gはインスタライブの中で曲についても言及している。

「曲は・・・まあ期待してて下さい」

これは発売なりYouTubeなどで公開するなどでフルverが聞けるようになるという事だろうか。
楽しみ。

その後のインスタライブでは改めてコラボしたいアーティストを聞かれ・・

「舐達麻」と答えたKENNY-G。
ライブ見てたけど純粋にアーティストとしての意見だと感じた。

まとめ

とうとう終息したバダサイとケニーGのビーフ。
いや、いわゆるHIPHOPビーフにはならなかった。

理想はケニーにバダサイと阿修羅が曲でアンサー、ケニーもアンサー、もう一回ぐらい曲で返して最後にバダサイとケニーの曲が公開される、という流れだよね。

そうなっていた時のHIPHOPシーンを想像すると胸が熱くなる。
まあ、これだけ周りが騒いだから、良くも悪くもKENNY-Gにとっては名前が広まったのではないだろうか。

少し肩透かし感もあった今回のビーフ。
個人的には期待していた展開にはならなかったが、「本職」とのイザコザで今HIPHOPシーンでガンガン上がってきている舐達麻が無事でよかったと思う。

コメント

  1. まるしん より:

    SCARSの元ネタはStingじゃないんじゃないのかい?韓国の曲だったはず。

    • HIMAMEDIA より:

      まるしん様
      コメントありがとうございます!
      おっしゃる通りSCARSの直サンプリングはY (Please Tell Me Why ) ですね。
      確かその大元がstingだと、昔聞いた気がするんですよ・・。
      調べてみます!
      取り急ぎYを追記しました!

タイトルとURLをコピーしました