【2分で読める】ひまめブログ|芸能人・テレビ番組・音楽

気になる芸能人の噂にテレビ番組や音楽、生活の事まで何でもありの簡単に読めるお気楽ブログ

音楽

【リアルアウトロー】孫GONGってどんなラッパー?

投稿日:2019年9月24日 更新日:

こんにちわ!

今回はリアルアウトローな生い立ちと、関西の人懐っこいノリでジワジワ来ている、ラッパー・孫GONGについて書きたいと思います。

いやー、一般ピーポーの「ラッパーといえば怖い」のイメージを完全に体現してますよね。
いかつい外見をしているものの具体的なエピソードは出てこないラッパーも多いですが、孫GONGは違います。だって「父親がヤ○ザの組長」なんだもの。
パワーワードが出ました。

おまけに「お兄ちゃんはジャ○キー」なんだもの。
パワーワード2ですね。

そんな家庭環境なので、孫GONG自身ももちろんヤクザの道へ。
そこからどうやってラッパーになったのでしょ??

まずはプロフィールから!



 

孫GONGってどんなラッパー?

名前:孫GONG(そんごんぐ)
生年月日:1987年5月1日
出身地:京都府伏見
レーベル: YINGYANG PRODUCTION、
BACKBONE RECORD

 

孫GONGがラッパーになったきっかけは?

孫GONGがラップを聴き始めたのは16歳。ハスラー(売人)をしていた孫GONGと同じ地元の先輩のフリースタイルラップに魅了され、孫GONG自身もフリースタイルラップをするように。
そんな中、兄のように慕っていた人に「再来週のイベントで1曲歌わなかったらシメる」と言われ初めて曲を作った。
400人ほどの客は大盛り上がりし、その時の衝撃が忘れられず「あの景色をもう一度見たい」と音楽の道へ。

しかしその頃はドラッグなども入っていた為、真剣に曲作りというよりは他の人のビートでリリックを書き、ライブではDJに適当に曲を流してくれと伝え無理やりライブしてたりしていた為、孫GONG自身も「日本一適当だった」と語っている(笑)。

 

21歳で本格的にラップを始める。

暴力とドラッグに溺れていた孫GONGだが、母の涙で21歳ぐらいに生まれ変わることを決意。まずは薬を抜かなきゃと、なんと一人で山奥に篭り、ろうそくを一本部屋の真ん中に立て、毛布をかぶり震えながらひたすら耐えた。
孫GONGもこの時が人生の底辺と語る。

その後、BACKBONEのクルーに誘われラップの道へ。

 

孫GONGの父親はヤクザ?

孫GONGを語る上で家族の話は必ず出て来る。
特にお父さんは京都の老舗の組の組長だった為、孫GONG自身も幼い頃は友達ができなかったり(孫GONGとは話すなと出回っていた)大人たちからも一線を引かれ、孫GONGがグレるきっかけになったとも語っている。

 

親父関連のエピソードがエグい

代表的な物を書くと、

・家で銃撃戦(つよい)
・家に小指を押さえて悲鳴をあげる大人がいた。(つよい)
・家に人が入るくらい大きなゴミ袋が置いてあり、モゾモゾ動いていた。(つよい)
・孫が小1の頃フランスへ行くと出て行き、小5で帰ってくる(服役を隠していた)(つよい)

 

強すぎる。家庭環境が特殊すぎるよ。
そんな親父さんも癌でこの世を去る際には家族に迷惑をかけまいと組みをたたんだそうだ。

 

孫GONGの兄は人生の半分以上が刑務所?

もうね。孫GONGのエピソードはどれを載せるべきかわからない。
すごすぎるんだもの。
孫GONGのお兄ちゃんは薬物中毒で多くの逮捕歴や服役経験があるそう。かなりの不良で、孫GONG自身も子供の頃はボコボコにされたこともあると語っている。
一番ひどい暴力の経験は兄だとか。

 

孫GONGのおすすめ曲

帰り道


この曲では各地にいる仲間を取り上げている。
リリックが先行して出来上がったらしいが、ISHの心地いいトラックとマッチしている。

ありがとう prod. TEAM2MVCH


この曲はリハ含め45分程度で書き上げたそう。
孫GONGの生い立ちや父親への感謝の気持ちが込められている。 流れるようなHOOKが印象的。

 

孫GONGのタトゥーがかっこいい

リアルアウトローの代名詞とも言われるタトゥー。
孫GONGも多くのタトゥーを入れている。
しかも孫GONGのタトゥーはデザイン性・メッセージ性に優れていてかっこいい。
ちょっとだけ紹介。



胸:神龍/祭遊鬼(愛彫)
腹:達磨(祇園だるま8周年)
左肩:牛魔王(愛彫)
右肩:背骨本舗(愛彫)

例えば牛魔王であれば孫悟空(孫GONG)の一番の敵。一番の敵を近くに置くことで強くなれる、のように全ての彫物に意味が込められている。

 

孫GONGのニートtokyoが面白い


孫GONGがプチブレイクしたきっかけでもある。
とりあえず見て欲しい。彼の人柄や考え方などに惹きつけられるだろう。
ニートtokyoは一人のゲスト動画が細かく何本もあるので残りも見て欲しい。

 

まとめ

今回は壮絶な生い立ちのリアルアウトロー・ラッパー、孫GONGについて調べて見た。もちろん生い立ちだけが彼の魅力ではない。音源もやばいので今後もぜひチェックしてもらいたい。

 

-音楽
-, , ,